小学校によって教育が違う?

中学受験を考える場合、小学校入学を私立にするか公立にするか、保護者の皆さんはかなり迷うでしょう。算数の教育一つとっても私立や公立では違いがありますし、根本的に教育方針に違いがありますのでどの小学校にいるかで、中学受験に対応する方法も違いが出てきます。

例えば私立小学校では公立とは違い独自のカリキュラムを組んでいることが多く、算数の教科指導スピードもかなり速いといわれています。そのため、公立小学校から中学受験を行うよりも、より効果的な教育が可能とされ人気があります。

地域内に私立中学がない場合、通学するために時間がかかる上に、時に親の協力なしでは通学できないお子さんもいます。しかしこうした苦労をしてでも、多くのお子さんが中学受験を目指していたり、教育熱心な家庭が多いということもあり、中学校選択の相談ができるなど保護者にとっても利点が高いのです。

高学年になると多くのお子さんが塾や家庭教師を利用するようになるので、塾に関する情報交換もでき、学校では公立小学校では少ない宿泊学習などが多数行われたりすることもあるので、中学受験について魅力的な教育が小学校でもできるという利点が、私立小学校には存在しているのです。

小学校によって教育方針が違うということを踏まえ、中学受験を早い段階から目指せるのであれば、小学校の選択についても深く考えておくことが必要です。