方程式は使わない

中学受験にチャレンジするのがご存知の通り小学生です。小学校の算数の授業によって得た知識を利用して、中学受験を行います。でも大人が中学受験の算数問題を見ると、方程式で求める問題と感じます。

方程式は中学の履修内容であり小学校で履修することはありません。もちろん中学受験では、こうした小学校で習わないことについて試験に出しているのではなく、方程式で解ける問題だけれど小学校で履修した算数で解く力があるかどうかを見定めるための問題なのです。

単に中学へ進学するのではなく私立中学に行くということは、その上のレベルの学力を求められているということです。通常の教育を受けるのなら公立中学で充分です。しかし私立中学を受験するということは、高いレベルの教育を受けるだけの能力が必要となります。そのため方程式で解くような問題でも、小学校の算数で解く力を持っているかどうかテストによって判断しようということなのです。

この力は自分自身の力で作図することができ、その作図を行うことによって難しい問題を解いていきます。自ら作図や表を作ることができれば方程式を使わずとも小学校で習ったことを用いて問題を解くことが可能です。中学受験の算数はこうした能力があるかどうかを判断するためのものです。