長文問題を何度も解く

中学受験の算数の中でどのような問題が苦手かと子供たちに聞くと、やはり長文問題は苦手と答えるお子さんが多いです。長文問題はただ計算ができるという力ではなく、問題を理解し今まで習った計算のうち、どのような計算を組合わせて解けばいいか考える力が必要です。

このような長文問題は、慣れておくことが何より大切です。長文問題は苦手なお子さんが多く、面倒で時間もかかるため計算問題をより多く解いて正確に解けるようにしておくことが大切と考える場合もありますが、難関校の算数を攻略するためには、長文問題を解ける力を養っておくことが必須です。

長文問題は配点が高いため、1問落とすとかなり響きます。計算問題を確実に解く力があることはもちろんのこと、長文問題を落とさないための学習も必要です。このような学習は小学校高学年になってから練習を行うようになりますが、特に力をつけることができる夏休み、時間を有効活用できる長期休日の時を狙って、じっくり理解する力、忍耐力をつけていきましょう。

もしも塾などを利用していないというお子さんでも、夏期講習などは単発で受ける事ができる講義なので、積極的に参加し夏休み・冬休みにしっかり実力をつけておくことが重要です。夏休みの時間を有効利用し、長文問題を克服しましょう。