過去問はやればやるだけ力になる

中学受験では繰り返し反復する学習がポイントとなりますが、中でも小学校6年生の夏休み以降は過去問題を繰り返し行うことが重要な学習となります。特に算数については志望校の算数過去問題をしっかり行うことが大切ですが、志望校が決まっていないお子さんは複数の学校の過去問題をできるだけ多く解いておきましょう。

過去問題のほかに、算数で弱いところがあれば学習スケジュールの中に苦手を組み込みます。算数の計算スピードが上がらないお子さんは、計算スピードを上げる訓練を行っておきましょう。計算に関してはどの学校でもほとんどが出題されますし、最近の中学受験では難解な問題よりも計算を正確に早く解くことができる力を見ることが多くなっているので、そうした問題を数多く、時間内に解く訓練もしておきましょう。

過去問題はたくさんの問題にチャレンジしながら解けなかった問題、解きにくかった問題などを新しく行う過去問題に混ぜて行うといいでしょう。解けない問題や苦手な問題は1回や2回解いたからといって身につくとは考えにくいです。数多くの問題の中に混ぜておくことで、解き方を頭に叩き込むことができるようになるので、しっかり解き方を確認しながら過去問題の反復練習をしていきましょう。