女子中学入試も算数が決め手

中学受験は女子にも人気があります。名門女子中学の受験も非常に難しく、将来有名進学高校、また有名大学に入るため、女子中学の受験にチャレンジするお子さんも多くなっています。

女子というと文系というイメージがありますが、実は女子の中学受験も算数が大きなポイントとなります。女子有名中学の入試過去問を見てみると、やはり算数は難解で中学受験に沿った勉強が必要になる事がわかります。また最近の女子の将来の志望に関しても、昔と異なっており算数は重要といわれています。

最近は文系に行くよりも将来理系に進みたいという理系女子も多くなっています。難関中学でも理系を将来の志望とする女子が多くなっていることを受け、入試について算数に力を入れているのです。

中学入試では、最近は試験日程がほかの人気中学の受験日と違う日に行うなど日程が変更されるようになり、超難関校でも併願することが可能となっています。そうなると、算数の学習も受験する中学ごとに入試対策を考えなければなりません。塾、家庭教師など専門的知識と情報を持ったレベルの高い教育を、スケジュールを組みしっかり行っていくことが合格の重要ポイントとなります。

女子中受験でも算数が中心となっているということを考慮し、算数について隙のない学習をしていきましょう。