超難関校の算数は?

中学受験でも超難関校と呼ばれる中学がいくつかあります。御三家などとも言われますが、こうした超難関校の中学受験ではほんとにびっくりするくらいの超難問が出ることでも有名です。

特に算数はどの超難関校でも重点科目となっているため、過去問題などを見ても、なるほど難しいし小学生の解き方でどのように教えていくのだろう?と疑問に思うような問題も多いです。

例えばある中学受験を行う超難関校の算数では、独立小問形式と呼ばれる、解答のみがあっていれば○になる問題と、解答結果があっている事とその解答に至る解き方もあっていることが必要な記述式大問が出題されています。独立小問形式の問題については、計算や方法がしっかり頭の中にあり解答を導き出せば済む問題ですが、大問では、問題を理解し正しい解き方を記述によって「説明」し、さらに解答があっていることが求められます。

これは、中学受験の専門的知識がある指導者からレクチャーを受けて解答方法を知っていないと、なかなかお子さんの独学でここまでの解答、解説を行うのは難しいでしょう。こうした中学受験の超難関校の算数入試こそ、塾や家庭教師のレベルの高い教育が必要となる事です。独学では決して無理とされる超難関校の中学受験に打ち勝つため、しっかり難問に取り組んでいく時間を作りましょう。