模試はどんどん受けよう

中学受験の算数について十分な実力があると思われていたのに、残念ながら中学受験の算数のテストを受けて、まったく問題が解けなかった、問題を解く時間がなかったというお子さんも少なくありません。中学受験の算数は、基礎問題・応用問題を解く時間配分をしっかり行っておくことが必要なのですが、この時間配分がうまくできないお子さんや、本番に緊張してしまい力を発揮できないお子さんもいます。

中学の算数の問題は特に、時間内に終わらせることが難しいといわれている科目です。そのため、どのくらい模試を行ったかこの経験が入試の際にものをいうことが多いのです。

保護者の中には家庭教師をつけているし、学校の成績もいいのだからこれ以上何かさせる必要はないと考える方もいます。それでも、模試は経験できるだけ経験させてあげてください。

模試では入試同様の教科を入試同様の時間で行う訓練ができます。今自分がどのくらいの実力を持っているのか、それを知るためのテストともなりますので、特に算数については学力がどのくらいついているのか、中学受験に沿った学習ができているのかを知るために重要です。

模試は有名進学塾などで行われています。なるべく多くの模試を受けて時間配分を自分でつかみ、入試になれるという訓練も行っておきましょう。