算数学習の途中経過を知る

中学受験を独学で成功させたお子さんもいます。でもこれは中学受験にチャレンジする中の本当の小数で、通常、現代の中学受験では、しっかりと専門的な教育を受けないと合格は難しいといわれています。それでも、保護者が今の中学受験の算数の指導などを学び、お子さんが自学を行いそれを保護者がサポートしながら中学受験に向かっていく、ということなら、保護者は算数の途中経過を理解することを忘れないようにしましょう。

保護者が指導している間は理解できているようだ、練習問題も抜かりなく行ってだんだん解くことができるようになり、○の数が多くなっていっている、ということで満足してはいけないのです。独学で行う算数の勉強、指導者も独学で算数の指導を習っているというと、自分たちの世界だけで学習が進んでいくことになります。もしかしたら中学受験の算数として間違った方向に進んでいる可能性があるかもしれませんが、それを指摘してくれる人はいないのです。

ではどうしたらいいか、経済的な問題などから塾や家庭教師をつけることが難しいなどがあり、保護者が指導を行っていたり、自学で頑張っているなら、大手進学塾で行われる模試を数多く受ける事が、方向性が間違っていないかを知る手段となります。模試を受ける事で今まで指導されてきたことが間違いじゃないか、指導してきたことがあっているかどうか、点数で客観的に見ることができます。