計算は簡単なものでも正確に

中学受験の算数の出題傾向には種類があり、大きく二つに分けることができます。一つは計算問題のスピードを重視した問題が多く出題される学校、もう一つは応用問題など理解力を知る入試問題が出題される学校です。以前は、難関中学というと応用問題などの難解な問題が多く出題される傾向にありましたが、今は難関中学でも計算問題が多く取り入れられているところが多くなり、小学校の算数の計算が正確にスピーディに解く能力があるかどうかを見る入試が多くなっています。

小学校の算数は基礎学力が決め手となりますが、この基礎学力を見極めるのが計算です。計算も応用問題を解くのと同じように、小学校低学年から少しずつ難しい問題にチャレンジし、小学校6年生ではかなり難しい計算問題を解くことになります。特に中学受験では単純な計算から複雑な計算まで、正確にスピーディに解答していくことが求められますので、塾などでも計算問題を指導内容にいれ、受験対策としているところが多くなっています。

小学校の授業では指導されない計算問題なども出てきますので、塾で志望する学校の出題傾向に合わせた計算問題の訓練を行うことも、中学受験の算数克服に重要な要素となります。計算問題は1問も落とすことなく受験できるように頑張っていきましょう。