応用だけでは克服できない

中学受験の算数は非常に難しいということで小学校6年生の受験年になる前から、中学受験の過去問題などをやらせる保護者も多いです。小学校低学年から中学受験のために特化した塾に通っていて、算数の基礎学力が高い状態のお子さんであれば、それでも知識となっていくでしょう。でも小学校の授業だけ行ってきたお子さんにいきなり中学受験の算数問題を解かせるのは無理があります。

中学受験の問題は学校によって中学生で習う数学の公式を利用して解ける問題があります。でも、小学校受験なので、小学校で習う計算方法で、公式を利用せずその問題に必要な計算をして解くことが望まれます。でもこの解き方の場合、小学校で習う基礎を身に着けていることが重要となり、基礎学習ができていない状態で解くことはできません。

応用問題をやらせるだけでは、その問題だけの解き方が理解で来ても根本的に問題が理解されていないのですから、身につく学習とならないのです。徹底的に小学校の算数基礎を頭に入れ、その基礎が十分自分の知識となったら、徐々に応用問題にチャレンジしていく、この積み重ねが何よりも重要です。

保護者にありがちな、いきなり過去問指導は中学受験算数の間違い指導となりますので、塾の先生など専門家の意見をしっかり聞きながら、基礎を磨く指導を行っていきましょう。